生活に役立つ医療保険

控除申請出来る医療保険

医療保険の控除申告書の書き方

医療保険に加入している場合、職場などから配布される「保障料控除申告書」の「保障金等の受取人」は、どう書けばよいのでしょうか。書き方として、加入している医療保険に入院や手術をした場合の保障に加えて、死亡保障がついているかどうかで異なってきます。入院や手術をした場合の保障のみで、死亡時の保障がついてない場合は入院給付金や手術給付金の受取人(被保障者本人を設定しているケースが一般的です。)の名前を書きます。死亡時の保障がついている場合は、死亡保障金を受けとる人(保障証券に印字されています。)の名前を書きます。

受取人の控除申告書とは

病気を患うことは生きていく中で誰もが避けて通れないことです。こうしたことに備えて医療保険に加入しますが、大病を患った場合には保障金はありがたいものです。確定申告をすれば保障金で賄えなかった部分を、医療費控除として申告でき、さらに負担軽減ができますので、該当者は確定申告をしましょう。自分や自分と生計を共にしている親族などのために医療費を支払った場合には、一定金額が所得控除の対象となります。医療保険に加入しており保障金が下りた時には、受取人は計算式に沿って控除申告書を作成し税務署に提出すれば、医療費控除を受けることができます。控除額の最高金額は200万円です。医療を証明する領収書などを用意して確定申告で控除申請をしましょう。

お知らせ

2013-03-26 女性と男性と医療保険が追加されました。
2013-03-26 医療保険の早期加入をが追加されました。
2013-03-26 一人でも安心医療保険が追加されました。
2013-03-26 トップページが追加されました。

加入する重要性の情報